お花屋さんの☆想い    ☆季節☆出来事☆
by okada034
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


七夕さま

今日は、七夕さまです。七夕といえば、竹笹の枝に色とりどりに飾られる、願いをこめた短冊が思い浮かびます。天の川をはさんできらめく牽牛星・織女星の物語、実に素晴らしい伝統的風習だと思います。
気ままな社長も童心に帰って、願い事を短冊に書いて飾ろうかと思います。
そして今夜、空に眩いくらい輝く星が見られる事を願いたいです。
この気ままな日記をご覧になっている皆様方も、願い事をお星様にお祈りするなんてちょっとセンチメンタルなことしてみませんか? (^_^)y

最近の葬儀会館において生花店における供花等の持込禁止が広まりつつあります。
お得意様からの注文や知人の葬儀に自分が心を込めて作る供花を持ち込むことができないのです。
これも時代の流れなのでしょうか・・・
ただ、この状況が急激に広まると業務関係における売り上げの大きなシェアを占める部門でかなりのマイナスになり一般の生花店にとっては死活問題に発展してしまう可能性もあるのです。
何か良い知恵が欲しいものです。

又、昨今の花き小売り業界は、スーパーやホームセンターなどの企業が小売業界に参入し、同業者間だけの競争ではなくなってきています。この現状から、競争が益々厳しくなってくることは目に見えている事だと思います。
私たち個人の生花店は、何か対策をこうじる必要がでてきます。
そして、その何かのその答えを明確にし、且つ実践し商売できるかが存続できるかどうかのキーポイントになるような気がします。
[PR]
by okada034 | 2005-07-07 16:39 | 季節
<< 波 地価 >>