お花屋さんの☆想い    ☆季節☆出来事☆
by okada034
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


半夏生(はんげしょう)
近くのスーパーに、お昼ご飯を買いに行ったところ、いたるところに「半夏生」のポップがありました。
半夏生とは昔、農家で田植えがひと段落したこの時期,夏バテ防止のため"蛸"を食してた事から、現在では「タコ飯」や「たこ焼き」といったものを食べましょう…!と言うものでありました。

気ままな社長の大好物”タコ”
ついつい昼ごはんに、ちょうどよいと「タコ飯」をゲットしてしまいました。
味はと言うと、美食家?の気ままな社長の口にも合う、薄味の品良いお弁当でした。

しかし、「ポップ」の凄さ!
ポップを見なければタコ飯なんぞや買わなかったでしょう・・・

気ままな社長のお店でも有効に「ポップ」を利用したいものだと改めて感じだ暇な午後のひと時でした。


余談ですが・・・
半夏生(はんげしょう)について補足説明させていただきます。

昔から、関西地方では、「稲の根がたこの足のように大地に広がってしっかり育つように」と願いを込め、「田植えも終わって疲れのでる頃、さらにこれからやってくる暑い夏の前に体力をつけておく」ため、『半夏生』にたこを食べる習慣があります。

『半夏生』とは、暦の雑節のひとつで、夏至(6月21日)から数えて11日目に当たる 7月2日のことです。この時期は、カラスビジャク(漢名:半夏)という薬草が生える頃で、梅雨の後期、天地に毒気があふれる時期と考えられていました。

ちなみに本日7月2日は、セブンイレブンでも”半夏生フェアー”を開催してるとのことです・・・
[PR]
by okada034 | 2006-07-02 13:48 | 季節
<< 輪 今年も・・・後半戦 >>